会社情報
ホーム >> 会社情報 : 社長挨拶
  • 社長挨拶
  • 会社概要
  • 経営理念・企業方針
  • 沿革
  • アクセス

社長挨拶

穴澤紀道
ホロンは、電子ビームをコントロールする技術をコアに半導体製造プロセスで使用されるマスク及びウエハが正しく設計されているか検査・測定する装置を手掛け、独自のコンセプトを導入した電子ビーム応用システム製品を社会に提供してまいりました。そして、2010年5月、当社は創業25周年を迎えることができました。

当社は1985年5月1日に設立、7人で会社をスタートしました。私は設立時から参加したひとりです。社名のホロン(holon)はギリシャ語のholos(=全体)に添字onをつけたもので、onはelectron(電子)、proton(陽子)のように粒子または部分を暗示させる、アーサー・ケストラーが提唱した概念です。

ケストラーによると、人、家族、会社、国家は統一のとれた全体であると同時に、より大きな国際社会に対しては部分でもあり、全体と個(部分)の結びつきがholonであると言っています。創立時から株式会社ホロンは、世界中の顧客と結びつきのできる、創造性があり、顧客に満足していただける商品を提供することで、ケストラーの提唱する『holon』(=世界と結びつく)を目指してきました。

世界の情勢はめまぐるしく変化し、技術開発は日進月歩に進み、競争が激しくなる一方、一瞬で企業の優劣が変わってしまう昨今です。今こそ大いに計画し、会社を勢いに乗せ、成長をとげるチャンスの時機と考えています。社員一同創立時の初志をもって、皆様と株式会社ホロンが有益であるよう、努力いたしてまいる所存です。 皆様におかれましては、より一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 新田 純